ラズベリー  raspberry

「ラズベリーの花フリー」の画像検索結果 この原料についてのお問い合わせや見積もり依頼(必要量・選別有無・希望形状を明記して)
については左記お問い合わせをクリックして必要事項をご記入のうえご連絡ください

1.原料名 ラズベリー
2.原料用単価 A.異物の選別必要
B.異物の選別不要
C.必要量目       500g、1kg、10k、100k、1000k
3.希望形状 A.ホール
B.刻み
C.粉末
4.概論 ラズベリーに含まれているアントシアニンは目のロドプシンという物質の合成を助けて、目の疲れや病気に効果を発揮します。
ラズベリーケトンという成分が脂肪を分解して脂肪の吸収を抑える作用があることです。この他に、ケルセチン ルテイン エラグ酸 クエン酸 亜鉛などの有効成分を含んでいます。
ラズベリーの目に対する効果
わたしたが物を見られる仕組みは、網膜に存在するタンパク質のロドプシンが光を受けると分解して、再び合成されます。このロドプシンの分解と再合成の繰り返しの刺激が、視神経に伝わり脳に到達することにより、目が見えるのです。ラズベリーはこの他に、目に良いルテインも含んでいます。
5.名称 ●学名:Rubus idaeus
●英名:

●和名:ヨーロッパキイチゴ、エゾイチゴ
●生薬名:
●科名:
バラ科
6.原産地
 産地
 栽培
 収穫
●原産地:ヨーロッパ、北アジア、日本
●主な産地:
採取・製法 :
部位・形状 :葉、果実
栽培と収穫:
7.成分 フラガリン、タンニン、ビタミンB、ビタミンC、鉄、カルシウム、ペクチン、フラボノイドなど

香り成分である「ラズベリーケトン」には、脂肪を分解する働き、ダイエット効果。
アンチエイジング効果がありえらぐ酸やアントシアニン、ビタミンEや葉酸、食物繊維などの栄養素も含む

8.作用
 適応
・ダイエット効果
・育毛を促進する効果
・老化を防ぐ効果
・美白効果
・眼精疲労を改善する効果
・生活習慣病の予防・改善効果
・婦人病を改善する効果
・炎症を抑制する効果

・肥満を予防したい方
・目の疲れが気になる方
・美肌を目指したい方
・生活習慣病を予防したい方

調整、収斂、骨盤や子宮の弛緩、粘液浄化
口内炎や歯肉炎
栄養補給。
下半身の臓器や骨盤の筋肉を引き締める。
子宮の痛み。
下痢。
風邪やインフルエンザ。

■ お茶の効能
収れん作用
消化促進作用
強壮作用
子宮刺激作用
鉄分の補給
9.使用方法 飲み方 ティスプーン2杯強(約5g)に、熱湯150mlを注ぎ、10分間浸出し、1日3回飲む。
ほかの利用法 口内炎の痛みや歯茎の出血にラズベリーリーフハーブティーでうがいをする。
料理レシピ
ベリーベリーパンチ
材料:ラズベリーリーフ 大さじ2
    熱湯 300ml
    粉ゼラチン 5g
    砂糖 20g
    ブルーベリー 30粒
    ラズベリー 30粒
    炭酸水 250ml
    ラズベリーコーディアル(なければガムシロップ) 40ml
作り方:
1.熱湯200mlにハーブを入れ20分置きます。
2.熱湯100mlにゼラチンをいれふやかし、砂糖を入れ混ぜます。
3.1.を漉したものと2.を混ぜ合わせ、型に入れて冷蔵庫で冷やし固めます。
4.3.が固まったらクラッシュしボールに入れ、他の材料もすべてボールに入れ混ぜます。
ゼリーからもほのかにラズベリーの香りが漂い、またゼリーの黄金色が彩りを添えてくれます。

ハーブティーブレンドレシピ
レディーティー
材料:ラズベリーリーフ 2
   マリーゴールド 1
   (親指、人差し指、中指で軽く摘んで 1、とします)
PMSや生理痛で悩んでいる方に、症状を緩和してくれるティーです。

リースやポプリなどの手作り
フルーツの香りのポプリ
材料:ラズベリーリーフ 2/3カップ
   オレンジピール 大さじ1
   レモンピール 大さじ1
   クローブ 小さじ1
   ベンゾイン(精油) 1滴
   オレンジ(精油) 3滴
作り方:
1.オレンジピールに精油をしみ込ませます。
2.他の材料をよく混ぜ合わせ、そこに1.を加えてよく混ぜ合わせて香りをつけます。
3.密閉して2~3週間直射日光の当たらない涼しいところに置いて熟成させます。
4.成熟期間が過ぎたら、好みのポプリ容器に移してください。
思わず食べたくなるような、フルーツの甘い香りが漂うポプリです。

入浴のために
バスハーブ
材料:ラズベリーリーフ カップ1/3
ハーブを木綿の布袋に入れて口をひもでしばってバスの中でもみほぐします。
のどの痛みが気になるときに、お風呂に入りながら湯気を吸い込むことでのどの痛みが緩和されます。

美容のために
フェイシャルスチーム
材料:ラズベリーリーフ 大さじ2
   タイム 大さじ1
   サルビア 大さじ1
作り方:
1.洗面器にハーブを入れ、熱湯を洗面器の八分目まで入れます。
2.頭からバスタオルをかぶり、顔に蒸気がかかるよう洗面器の上に顔をあて、5~10分続けます。
お肌を引き締め、蒸気で毛穴が開き、毛穴の奥の汚れもすっきり取れます。

家事に
玄関のお掃除に
使い方:
ハーブティーを飲んだ後の茶がらを玄関のたたきにまき、ほうきで掃くと、ホコリがたたずに掃除が出来ます。
お掃除の後はティーの残り香がほんのりします
10.摂取量/日
11.香・味覚
12.使用上の注意
 安全性
妊娠初期には、多く使わないようにしましょう。
13.その他 ラズベリーのルテインの効果
ルテインは共に野菜に含まれている色素成分カロテノイドの一種(ファイトケミカル)で、ルテインは体内では目の網膜の黄班部(おうはんぶ)に多く存在しています。ルテインは目の網膜の黄班部が太陽光線や加齢などにより酸化して、視力の低下や黄班変性症になるのを防ぐ作用があります。またルテインは白内障にも効果があると考えられています。ルテインはホウレンソウ、ケールなどの濃い緑色の野菜に含まれる黄色の色素です。

ラズベリーのエラグ酸の効果
エラグ酸には強い抗酸化作用があり、細胞の突然変異や発がん物質を抑制する効果がります。またメラニン色素を作り出す酵素チロシナーゼの働きを押さえ、美白効果があるといわれています。

ラズベリーのラズベリーケトンの効果
ラズベリーケトンはラズベリーの香り成分で、トウガラシに含まれるカプサイシンに構造が似ていますが、カプサイシンより刺激が少ないです。
ラズベリーケトンは副交感を刺激して、ホルモンであり脳内興奮伝達物質でもある、アドレナリンの分泌を促進させます。アドレナリンは、脂肪分解酵素のリパーゼを活性化させ、エネルギー代謝を盛んにさせ、脂肪を分解して、燃焼させます。またラズベリーケトンは脂肪を分解、燃焼させたうえ、脂肪の吸収を抑える作用もあります。

ラズベリーのクエン酸の効果
クエン酸は柑橘類や酢、梅干に含まれる「さんみ成分」で、食品添加物などとして多用されています。
クエン酸の重要な働きは、血液をサラサラにして、動脈硬化や高血圧、脳梗塞、心筋梗塞などを防いでくれることです。クエン酸には、ミネラルを挟み込むキレート作用があり、この作用も血液をサラサラにしてくれます。クエン酸を含む酢などは、疲労時に蓄積される乳酸を分解する働きがあるので、昔から疲労回復に使われてきました。そしてクエン酸は細胞のミトコンドリア内で体内に吸収された栄養素を、エネルギーであるアデノシン三リン酸(ATP)に変える、クエン酸回路(TCA回路)の中間物質でもあります。

ラズベリーの亜鉛の効果
亜鉛は人体の60兆個の細胞全てに存在して、全酵素2200種類の内、100種類以上の酵素のサポートをしている重要なミネラルです。亜鉛の主な役割は、男性の精力を増し、精子の生産を行い、タンパク質の合成、遺伝子の複製、細胞の増殖、傷の修復、免疫力の強化、味覚の保持などです。

改善が期待できる症状
がん 肥満 目の疲れ 美肌

ラズベリーの有効成分
ラズベリーケント ケルセチン ルテイン エラグ酸 クエン酸 アントシアニン

ラズベリーリーフ茶

ラズベリーは夏に赤い果実をつけ、昔からヨーロッパでは家庭薬として親しまれたハーブです。ラズベリーリーフ茶はくっきりとした味と、ほのかに甘い香りが特徴です。
イライラした時に飲むと気分を落ち着かせ、心身をリラックスできるでしょう。
『妊婦のハーブティー』と呼ばれるぐらい、妊娠中に飲めば出産が楽になります。
母乳の栄養価を高めてくれるので、母乳の出も良くなります。
子宮筋と骨盤の筋肉を正常な状態にする働きがあります。
ただし、このお茶は子宮を刺激しますので妊娠初期には飲みすぎると良くありませんので気を付けましょう。
また、妊娠中に飲みたいときは必ず事前に医師に相談してください。

ラズベリー茶は収れん作用がありのどの痛みや生理痛、歯肉炎、軽い下痢などがあるときに飲むと良いでしょう。子供の下痢止めにもよいです。
のどの痛みには、濃い目に浸したお茶でうがいをすると和らぎます。
鉄分やビタミンCが多く含まれ貧血や肝臓病を和らげる働きがあります。

果実はからだを冷やす事が多いのですが、ラズベリーの実は、胃やからだを冷やすことがありません。
イギリスでは1リットルのワインビネガーにラズベリーの果実500gを2週間漬けて、ラズベリービネガーを作り、水で薄めうがいに使ったり、風邪の時に使用すれば咳をしずめ、のどの痛みも和らぎます
❒.参考文献 ・ハーブ検定テキスト
・アロマ検定テキスト
・百科事典(平凡社)
・家庭の中医学
・緑の薬局
・健康茶情報
・ハーブテイー薬草データベース
・薬膳情報net
・ハーブの香り
・サプリメントラボ