販売しようとする機能性表示食品の科学的根拠等に関する基本情報

(一般消費者向け)

 

商品名

心の和みティー

食品の区分

加工食品(☐サプリメント形状、■その他)、

☐生鮮食品

機能性関与成分名

 

表示しようとする機能性

ラベンダーに含まれる芳香成分リナロールとカモミールの が心を和ませます。

届出者名

大自然生活館株式会社

本資料の作成日

2017717 日

当該製品が想定する主な対象者(疾病に罹患している者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を除く。)

・リラックスしたい方

 

 

1. 安全性に関する基本情報

(1)安全性の評価方法

届出者は当該製品について、

食経験の評価により、十分な安全性を確認している。

安全性に関する既存情報の調査により、十分な安全性を確認している。

安全性試験の実施により、十分な安全性を確認している。

※複数選択可

 

(2)当該製品の安全性に関する届出者の評価

1.喫食実績による食経験の評価

 当該製品「心の和みティー」は、ラベンダー・カモミール・レモングラス・レモンピールブレンドしたハーブティーである。すでに流通している製品であり、女性を中心とした幅広い年齢のお客様に飲用されている。本製品摂取による健康被害は報告されていない。

 

2.既存情報を用いた食経験の評価(各ハーブの安全性)

・ラベンダーは、香性の常緑の低木で、地中海沿岸、中東、インドに分布している。使用部位は花が咲いている先端部である。俗に、「精神を鎮静させる」と言われており、ドイツのコミッションE (薬用植物の評価委員会) では、不眠症や神経性胃炎に対する使用が承認されている。国立健康・栄養研究所のデータベースにおいて、安全性に関する情報が公開されている。また、メディカルハーブ安全性ハンドブックにおいて、クラス1:適切に使用する場合、安全に摂取することが出来るハーブに分類されている。

 

・カモミールは、ハーブティーなどでよく知られる代表的なハーブの一つである。国立健康・栄養研究所のデータベースにおいて、安全性に関する情報が公開されている。また、メディカルハーブ安全性ハンドブックにおいて、クラス1:適切に使用する場合、安全に摂取することが出来るハーブに分類されている。

 

・レモングラスは、熱帯から亜熱帯に分布するイネ科の多年草で、高さ11.5 m程度に生長する。国立健康・栄養研究所のデータベースにおいて、安全性に関する情報が公開されている。また、米国では「一般的に安全と認識される物質 (GRAS) 」に分類されている。メディカルハーブ安全性ハンドブックにおいては、クラス2b:医療従事者による特別な指示がない限り、妊娠中に使用しない。との記載があるが、製品対象者に該当しないため、安全性があると評価した。

 

・レモンピールは、レモンの皮のハーブである。メディカルハーブ安全性ハンドブックにおいて、クラス1:適切に使用する場合、安全に摂取することが出来るハーブに分類されている。

 

以上のことから、当該製品は安全性があると評価した。

 

 

 

(3)摂取する上での注意事項(該当するものがあれば記載)

 

 

2. 生産・製造及び品質管理に関する基本情報

本品は、下記製造工場にて生産・製造及び品質管理を行っている。

・製造工場:大自然生活館株式会社 ハーブアトリエ

●有機加工食品生産者認定取得(認定番号:216012701

 ●有機小分け業者認定取得(認定番号:316012702

 

 

3. 機能性に関する基本情報

(1)機能性の評価方法

届出者は当該製品について、

最終製品を用いた臨床試験(人を対象とした試験)により、機能性を評価している。

最終製品に関する研究レビュー(一定のルールに基づいた文献調査(システマティックレビュー))で、機能性を評価している。

最終製品ではなく、機能性関与成分に関する研究レビューで、機能性を評価している。

※複数選択可

 

(2)当該製品の機能性に関する届出者の評価

(ア)標題

 ラベンダー、カモミールには心を和ませる機能性があるのか検証

 

(イ)目的

ラベンダー、カモミールのハーブティーを摂取することで、心を和ませる機能性があるか検証を行った。

(ウ)背景 

 ハーブティーは古くから飲まれてきた。民間療法で使用されることが多いが、メディカルハーブと呼ばれる機能性のあるハーブも多いことから、カモミール、ラベンダーのハーブティーを摂取したことで心を和ませる機能性があるか確認することとした。

 

(エ)レビュー対象とした研究の特性

健康な成人男女を対象に、ハーブティーを摂取したことにより、どの様な変化があったかデータベースおよび文献の調査を行った。また、薬用ハーブの化学においては、ラベンダーにはリナロールには鎮静作用、鎮痙作用といった中枢神経への強い作用があることが確認された。最終的なレビュー対象となった文献は 2件であった。

 

(オ)主な結果 

研究レビューとして、文献を調査した結果、ベンダー、カモミールには心を和ませる機能性があるとわかった。

 

(カ)科学的根拠の質

 ラベンダー、カモミールには心を和ませる機能性には が含まれおり科学的根拠と評価した

 

 

(構造化抄録)

 

以 上